話が「わかりやすい人」と「わかりにくい人」の違いと特徴は?

話が「わかりやすい人」と「わかりにくい人」の違いと特徴を5つあげてみます。是非、皆さんも話のわかりやすい人になって、ビジネスシーンで活躍しましょう。

話がわかりやすい人は「全体」→「詳細」の順番で話す。話がわかりにくい人は「詳細」だけ話す。

例えば、「将棋ってどんなゲーム?」と子供に聞かれたとき、

話がわかりやすい人は、「将棋はね、二人でするゲームで、王様と呼ばれる駒を取ったほうが勝ちなんだよ。」といった具体に、まずは全体の説明を最初にします。

一方、話がわかりにくい人は、「将棋には、飛車、角、香車といった駒があって」とか「相手の陣地に入ると、成ることが出来て」など、詳細なルールから話し始めます。

まずは、「大きな全体の話を簡潔に」話すことを意識することが、話の分かりやすい人になる第一歩です。

話がわかりやすい人は、相手の理解に合わせて説明の仕方を変える。話がわかりにくい人は、相手のことは考えずに自分が話したいように話す。

話のうまい人は、説明をしていて相手が理解していなそうな表情をしていれば、言葉を補ったり話すスピードを遅くして、相手に合わせます。話がわかりにくい人は、一方的に話します。
例えば、「クラウド」という言葉を説明するとき、もし相手が「インターネット」という基本的な用語を知らなければ、まずは「インターネット」の説明をしなければいけません。相手の理解力に合わせて、話の組み立て方を変えることが大切なのですね。

話がわかりやすい人は「結論」から話す。話がわかりにくい人は「結論」を最後に話す。

例えば、「昨日の商談はどうだった?」と上司から質問されたとき、

話がわかりやすい人は「うまくいきました」「残念ながら、契約は取れませんでした」など、結論を一言で伝えてから、その後に契約に至らなかった理由や状況などを説明します。

これが、話の下手な人は、「商談には先方の○○さんが出席されていて、、」などと結論を先に言わないのです。

話がわかりやすい人は「具体的」に話す。話がわかりにくい人は「抽象的」に話す。

話がわかりやすい人は「明日の15時までに、先ほどの会議の議事録を、出席者全員にメールをしておいて」と具体的な指示を出します。

話のわかりにくい人は「議事録を早めにだしておいてねー」と抽象的です。いつまでに、誰に、といった具体的な指示がないため、指示を受ける側によって、ばらつきが出そうな指示になってます。

話がわかりやすい人は「ゆっくりと丁寧」に話す。話がわかりにくい人は「早口で雑に」で話す。

話がわかりやすい人は、話すスピードをコントロールし、相手が理解できる速度で丁寧に話します。

話がわかりにくい人は、自分勝手に早口で雑な説明をします。例えば「この設計書、ここが間違っているあら、直しておいて―」といった具体です。

小学校・中学校の校則(ルール)を破る家族は、将来お金持ちになる。

今話題のツイート

3万リツイート、6万件以上の「いいね」を記録した話題のツイートがこちら。
スマホ禁止の時代遅れの教育、残すことが許されない給食、生理なのに強要されるプール、無駄な組体操、エアコンの無い真夏の教室に課外活動。子供を小学校に入れるのがリスクにしか思えなくなる…

今、小学校の先生たちは、子ども達の健康・人権を非常に軽視しています。時代錯誤の理不尽なルールで、子供達の自由な意思を認めず、抵抗できない子供達に不合理なルールを押し付けています。

このような状態がまかり通る責任は、もちろん教職員・校長にありますが、不可解なルールや校則に異議を唱えない親の責任もあるでしょう。モンスターペアレントと言われようが、子供の健康を第一に考えることが出来るのは親だけです。教職員や教育委員会に自浄作用を期待しても無駄です。彼らは子供のことより、自分が優先ですから。

そのルール、本当に必要?

「給食は残さず食べましょう」というルール。体調が悪くて食欲がないことなんて、大人にもあるでしょう。忘年会、新年会で食べ物・飲み物を大量に残しているのは誰ですか?大人が出来ていないことを、子供達に強要するのは理不尽でしょう。

教室には冷房がないのに、職員室には冷房完備。これこそ、子供軽視、大人優先の典型的な例です。学校の先生方は、このような状況をどう感じているのでしょうね。先生たちは、嗜虐思考の塊ですか。

基本的に先生や学校を信頼してはいけません。先日、課外活動中に小学1年生が亡くなる痛ましい事故が起こりました。事故というより、業務上過失致死ですね。

校則を破る家族がお金持ちになる理由

校則やルールを破る家族はお金持ちになります。その理由は、世の中には「破るべきルール」と、「守るべきルール」があることを認識していて、自分の考えや意見をしっかり持っているからです。

私の父親がそうでした。父はとにかく「意味不明なルール」が大嫌いで、学校や先生には何度も「なぜそのルールが必要なのか?」を問いただしてましたね。シャープペンの使用禁止とか、本当に意味がわかりません。

ルールを破るというのは、ルールを破って発生した責任は自分達で取るという意思表示でもあります。学校給食を残した場合、誰に迷惑がかかるのでしょう?給食を残して子供が栄養不足になるというのであれば、ルールを破って栄養不足になるリスクを家族・本人が背負えば良いんですよ。

考えることを放棄した親と子の末路

「ルール」だから従わないと、、、自分で考えることを放棄した家族、高橋さん一家を見てみましょう。高橋さんの父親(46)は、ルールは絶対に従わないといけないという考えの持ち主です。こういう人は概して権力に弱いので、上司から理不尽な仕事を依頼されても、抵抗できないし自分の意見は持たないタイプ。コツコツと真面目に仕事をすれば、いつかは報われると根拠のない希望を持っています。
(続く)