chokin のすべての投稿

AGA(抜け毛・薄毛)を安く治療したい!月150円の治療費で効果を出す方法。

ついに私もAGAに・・・

私は30代前半から抜け毛や頭頂部の薄さが気になっていましたが、40歳になり一気にAGA(男性型脱毛症)が進行してしまいました。。M字ハゲ+頭頂部の地肌が見えるレベルです。AGA治療に毎月何万円ものお金を使うのは嫌なので、何とか安く治療できないか?を考えてAGA治療について徹底的に調査しました。

AGA治療を始める前に知っておくべきこと

民間療法やオリジナル商品はダメ

AGAに限らず、他の病気(癌や、うつ病など)などにも言えることですが「民間療法」や「自社オリジナル商品」などを病気の治療に使用しては絶対ダメです。というのも、民間療法などは本当に効果があるのか、むしろ害があるのか「客観的な証拠」がないからです。オリジナル商品なんて、適当な混ぜ物をあたかも効果があるように宣伝して販売しているだけかもしれません。水素水とかも効果ありませんからね!

エビデンスとガイドラインに基づいた治療

どんな病気でも治療法を考えるときには、エビデンス(客観的な事実)とガイドライン(推奨される治療法などが記された公式文書)が重要です。AGAに関しては、日本皮膚科学会が発行している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」がありますので、このガイドラインに沿った治療をすることが大切です。

AGA治療の基本を理解しよう

ガイドラインに掲載されている治療法を要約すると、以下の治療法が推奨度A(行うよう強く勧める)とされています。
・フィナステリドの内服(男性型脱毛症のみ)
・デュタステリドの内服(男性型脱毛症のみ)
・ミノキシジルの外用
ミノキシジルについては、外用(外部から塗ること)が推奨されており、内服(ミノキシジルを飲むこと)は推奨度Dの「行うべきでない」となっていますから、注意してください。

私のAGA治療法はこれだ!

ガイドラインに掲載されている治療法の中で、私は副作用が少なく効果が高い「フィナステリドの内服」を選択しました。フィナステリドを1年ほど内服すると、以下の改善効果が見込まれます。
・1mg/日で、58%が軽度改善以上の効果
・0.2mg/日で、54%が軽度改善以上の効果

薬の内服量については、
・フィナステリド1mgと0.2mgの改善効果の差はわずか4%
・1日の上限が1mgで、副作用も1mgのほうが大きい
ということで、0.5mg/1日を目安にします。

AGAの治療にかかる値段は?

AGA治療の値段は、投薬による治療なのか、外科的な治療なのかで全く違いますが、一般的には投薬による治療が多いようです。その場合、クリニックで月1~2万円、輸入の代行業者からジェネリック薬だけ購入する場合でも月5000円程度かかります。

最安値の治療法はこれだ!

いろいろ調査した結果、フィナステリド5mg錠をカッターなどで10分割して、毎日0.5mgを内服する治療法が最安ということがわかりました。オオサカ堂では、フィナステリド5mgを含むジェネリック薬フィンカーが、1箱(100錠)4120円で販売されています。

購入時期によって値段が変わることもあるので1箱(100錠)5000円として計算すると、
1錠(フィナステリド5mg)を10分割して10日分(0.5mg/1日)。
1箱100錠なので、100錠 x 10分割 = 1000日分が5000円。
30日(1か月)あたり約150円となります。

さらに節約したい人は、1錠を20分割して1日0.25mg内服すれば、1カ月あたり75円まで下げることも可能です。(1錠を20分割するとボロボロになりますけど)

薬を分割して服用することのデメリットがネットで出回ってましたが、私には問題ありません。
・毎日一定の分量を服用できない→服用する時間も多少前後するので問題なし。
・妊婦さんがいる家庭は、厳重な管理が必要→妊婦さんがいないので問題なし。
・胃や腸で吸収できない→フィナステリドは皮膚からも吸収します。問題なし。
・酸化する→1~2週間では酸化しません。問題なし。

AGA治療の効果は

こらから治療を開始しますので、結果は1年後に発表します!月150円のAGA治療の効果はいかに?

免責事項

ここで紹介した内容は、あくまで私個人の意見ですので、このサイトから得た情報で何らかの損害を被っても責任は負えませんのでご了承ください。

情報銀行とは?情報銀行であなたの個人情報を売って小遣い稼ぎ!

情報銀行とは?

情報銀行(じょうほうぎんこう)とは、行動履歴や購買履歴といった個人情報を、個人の許可を得てから、他の会社に提供する制度のことです。提供する個人情報は、匿名化したり、提供先の会社を個人が選択できるようになる見込みです。政府主導で検討されていることから、情報銀行のシステムには強いセキュリティ対策や信頼性が求められています。

本人の同意を得て預かった個人データを企業に提供する「情報銀行」と呼ばれる新たな事業に、信託大手の「三菱UFJ信託銀行」が来年度中にも参入する方針を固めました。 (2018/7/18 NHKニュース)

高く売れる個人情報は?

企業に提供した個人情報はいくらになるのでしょう?個人情報を現金に換えられるのか、お得なクーポンに換えられるのか、具体的なサービス内容はこれから決まっていく予定です。今のところ、高く売れると言われている個人情報のベスト3は、
1.確実に届くメールアドレスや住所
2.年収、収入に関する情報
3.通院履歴、健康診断の結果
だそうです。(テレビ番組「スッキリ」)

情報銀行を利用する際の注意点は?

提供した情報は返ってこない、情報流出時の補償基準がないといったことに注意する必要があります。