ベーシックインカムを日本で導入することは可能?賛成・反対意見と海外の導入事例を紹介。

ベーシックインカムとは?

ベーシック・インカムとは、政府がすべての国民に無条件で必要最低限の現金を支給する政策です。ベーシック(Basic) インカム(Income)の頭文字からBI(ビーアイ)とも、基本所得保障、国民配当などともいいます。

「全ての国民に無条件で」というのが、受給条件の厳しい生活保護などの社会福祉と大きく異なるところです。

ベーシックインカムとは:政府など公的組織が全ての成員に対して、 基本的な生活に資する現金を無条件かつ定期的に給付する制度

ベーシックインカムを日本で導入するには、いくら必要?

1億2千万人の国民にそれぞれ1ヶ月毎に10万円を支給するとしたら、1年に必要な財源は144兆円です。これは日本の国家予算を超えた金額ですので、日本でBIを導入することは不可能であることがわかります。

月々支給する金額を、1万円から10万円まで1万円刻みで計算したものが次の表です。
 消費税・法人税・所得税などのすべての税率を2倍にして、増えた税収分を全てBIに回せば月4万円弱の支給が可能となる計算です。しかし、税率2倍などは日本経済に大きな影響を及ぼしますから、とても実現可能とはいえないでしょう。(消費税8%->10%への引き上げでも、消費が冷え込むと言われていますから)

ベーシックインカムを選挙に利用するな

いつの時代も、ベーシックインカムを公約として掲げて選挙に利用する人がいます。BIの理念は大変素晴らしいものですが、実現できないものを公約として票集めに利用するのは、信用を大きく損ねることになります。

私は、ベーシックインカムを政治利用する政党には絶対に投票しませんので、このサイトをご覧の皆さんも良く考えて投票先を選びましょう。

海外のBI導入事例

まだベーシックインカム導入に成功した国はありません。ヨーロッパで実証実験が開始された段階ですので、BIの効果については不明なことが多い状況です。

フィンランド

 2017年1月1日から、ヨーロッパ地域で初めて国家レベルでベーシックインカムが試験導入されることになりました。しかし、2017年1月1日から2018年12月までの2年間、かつ失業者2000人に限定など、ベーシックインカムの根幹である「無条件で全ての国民に」を前提とした導入試験ではありません。BI対象者には、560ユーロ(日本円でおよそ6万8000円)が毎月支給されます。2018年まで導入試験の結果は非公開なので、誤報には注意しましょう。
 全国民から無作為に2000名を選択したほうが、BI導入によって労働意欲の減退が本当にあるのか、働き方の変化などが調査できるのに、今回の実証実験で失業者に限定してしまったのは非常にもったいないことだと思います。

初心者でもVALU(バリュー)で稼ぐ3つの方法

VALU(バリュー)とは?

公式サイトには、「ビットコインを用いたマイクロトレードサービスです。」と記載されていますが、よくわかりませんね。簡単に説明すると、VALUとは個人が株券のようなもの(VAと呼びます)を発行して資金調達したり、個人間でVAを売買できるサービスです。VAの購入には、ビットコインという仮想通貨を使用します。

VAを発行する人は、VAを購入してくれた人に対してサービス(優待)を提供します。VAを購入する人は、優待を受けても良いし、もしVAが値上がりしていたなら他人に売却しても良いわけです。当然、買ったときの値段よりもVAが値下がりすれば損をしますし、株式市場のように流動性が高くないので、すぐにはVAを売却できないといったこともありますので注意が必要です。

VAの信頼性は株式には到底及びませんので、株ではなくトレーディングカードに例える人もいますね。私は「VALU = クラウドファンディング(資金調達)+マネーゲーム(投機)」と捉えていますけど。

このサービスによって、例えば次のようなことが起こります。

アイドルA:写真集を販売したいけどお金がないなー!よし、VALUを利用してVAを発行しよう。VAを買ってくれた人には、写真集をプレゼントしますよ。

アイドルAのファン:あのアイドルのVAが今なら1000円で買えるぞ。よし、1VA購入だ!
~ここまでは、通常のクラウドファンディングの仕組みと同じ~

~ここから先が、VALUの凄いところ~

1カ月後、Aさんが雑誌で取り上げられて知名度がアップしました。その結果、VAを欲しがる人が増加して、VAの値段も高騰して1VA=5000円になりました。

最初に1VA=1000円で購入した人も、5000円ならAさんのVA(写真集をもらえる権利)を売っても良いかなと考えます。このように、通常のクラウドファンディングと異なり、VALUでは、VAを売買して稼ぐことも可能となったのです。

①VAの売買で稼ぐ

株と同じように、VAを安く買って高く売るのが基本となります。普通の人は、「これから人気が出そうな個人のVAを探す方法」とか「不当に安く公開されているVAを見つける方法」といった手法を考えると思いますが、私は違います。まだサービスが開始されたばかりで、法整備が追い付いていない状況なので、「法的にグレーな手法」を使って稼ぐのが簡単でしょう。

株式市場では、インサイダー取引、風説の流布、見せ玉による価格のつり上げ、などは法律で禁止されていますが、VALUでは禁止されていません。ですから、これらの手法を使ってVA価格を吊り上げるのが簡単でしょう。youtuber ヒカルがVALUで炎上したのも、不当な価格つり上げと、仲間内での売り逃げにより利益を得たからでしょうね。

②VAの発行者として稼ぐ

炎上ブロガーのイケダハヤト氏は、VALUを使って3日間で1000万円の資金調達に成功したようです。ここまでネットで有名な人であれば、1000万、2000万という金額であれば資金調達には苦労しないのですね。VA発行者として成功するための条件を考えてみましょう。

1.有名である
たとえ大勢から嫌われていようが「有名」というのは圧倒的な力になります。ホリエモンより優秀な人間はたくさんいますが、ホリエモンより有名な人はめったにいません。彼には「知名度」という強力な武器があるんですね。例えばツイッターのフォロワー数が1つの指標になりますが、280万人のフォロワーのいる彼は、「つぶやき1つ」が大きな影響力を持つので、「VALUはじめました」という、たった一言のつぶやきがお金になるのです。

2.応援されるような夢がある
無名であっても、自分が叶えたい夢のある人はVALUを利用しましょう。長期的な夢の実現のためなら、VAを購入して応援してあげたい!という人も大勢います。投機的で短期的なVA売買も少ないでしょうから、VALUER(VA保有者)とも良好な関係を築けるでしょう。

③VALU周辺ビジネスで稼ぐ

新しいサービスが出現したときに考えるのは、「その周辺ビジネスで稼げないか?」ということです。VALUの場合ですと、VALUのサービスで利益をあげるのではなく、VALU関連の情報商材を販売したり、ビットコインの取り扱い所を紹介して紹介報酬を得たりすることです。まだVALUの書籍は販売されていないようですから、「VALU入門書などの書籍販売によってVALU第一人者として知名度を上げることも可能です。VA値が割安か割高かを自動で判別するツールの販売など、未開拓な領域がゴロゴロしている今がチャンスでしょう。

アメリカ西海岸で発生した金鉱(ゴールドラッシュ)で一番儲けたのは、金の採掘者ではなく、つるはしを販売した人だという話があるくらい、「周辺ビジネス」というのはリスクが少ないわりにはリターンが見込まれる領域なのです。

稼ぐ方法3つのリスクとリターン

VAを購入する危険性を理解しよう

いつの時代も損をするのは情報弱者