カテゴリー別アーカイブ: 貯金コラム

仮想通貨の大手取引所「コインチェック」。倒産が秒読みに。顧客の預かり資産はどうなるのか。

日本の仮想通貨取引所「コインチェック」が1月26日(金)午後から、
日本円を含む取り扱い通貨全ての出金を停止し、大きな騒動となっています。

コインチェックは同日23時30分に緊急記者会見を開き、顧客資産の仮想通貨「XEM(ネム)」が5.23億XEM(日本円にして580億円)引き出される被害が発生したと発表しました。

日本円の出金も停止という事態に、コインチェックを利用している顧客は、自分が預けた資産がどうなってしまうのか、不安な方も多いことでしょう。

1月26日(金)の出来事

1月26日 3時頃:5億2300NEM(日本円で580億円)が外部に流出。
1月26日 12時7分:「【重要】NEMの入金について(随時更新)」と題されたブログ記事が公開。同記事内で「現在、NEMの入金について制限をさせていただいております。入金を行いました場合、残高に反映がされませんため、入金を行わないようお願い申し上げます。」と発表された。同じ頃、同内容がTwitterとメールでも通知された。
1月26日 12時38分:NEMの売買についても一時停止が発表。同じ頃、同内容がTwitterでも発表された。
1月26日 12時52分:NEMの出金についても一時停止が発表。同じ頃、Twitter上で「現在、NEMの入金、出金、売買を停止しております。」とツイートされた。
1月26日 16時33分:「現在、JPYを含め、取り扱い通貨全ての出金を一時停止しております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。」と発表。
1月26日 17時23分:ビットコイン以外のオルトコインの売買も一時停止に。

Coincheck 利用規約

コインチェック社は、金融庁の「仮想通貨交換業者」の登録が行われていない事業者で、万一の事態が発生した場合の投資資金の保全や補償が行われるのか不明となっています。このような場合は、利用規約の免責事項を確認すると良いでしょう。

Coincheck 利用規約

第17条(免 責)
1 当社は、仮想通貨の売買並びに仮想通貨の価値、機能、使用先及び用途につきいかなる保証及びいかなる責任(瑕疵担保責任を含みます。)も負うものではありません。

5 当社は、当社による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、登録ユーザーのメ ッセージ又は情報の削除又は消失、登録ユーザーの登録の取消、本サービスの利用によるデータの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他本サービスに関連して登録ユーザーが被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。

この利用規約からは、コインチェック社は、いかなる賠償責任も負わないようですね。

顧客の預かり資産はどうなるのか

今回の騒動と似た事例として、ビットコイン交換所「マウントゴックス」の経営破綻があげられます。2011年にマウントゴックスも、不正アクセスによりほとんどのビットコインを失いました。そして、顧客のもとには僅かな金額の払い戻ししか実施されませんでした。

仮想通貨NEM(ネム)を保有していたユーザーは、資産を完全に失う覚悟をしてほいたほうが良いでしょう。一方、コインチェックに日本円やビットコインを預けていたユーザーは、日本円やビットコインが盗難されたわけでないので、いづれ出金は出来るようになると考えています。

大きく信用を失ったコインチェック

多くのユーザーは、このような騒動があった取引所を継続して利用しようとは思わないでしょう。何よりも信用が第一の仮想通貨取引所で、資産保全や補償の取り決めもないのですから、出金が可能となった時点で多くの顧客は資産を引き出すと考えられます。

そして顧客の信頼を失った会社の運命は、経営破たんと考えるのが自然です。

今後の展開予想

1週間以内:ハッキング被害の事実と、全ての取引停止を発表。
3か月以内:東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請するも棄却。
数カ月後:破産手続き開始を決定。

【要約】バビロンの大富豪~「繁栄と富と幸福」は、いかにして築かれるのか

プロローグ こんなに働いているのに、どうしてお金が貯まらないのだろう

今でいう「ワーキングプア」のお話。一生懸命に働いてもお金が貯まらない戦車職人のバンシアは、資産家であるアルカドの知恵を求めて旅立つのであった。

第1話 財産を築くには不滅の「原則」があった

大富豪アルカドの教えは、「収入の10%を取っておくこと」。月収20万円の人は毎月2万円を貯めなさいということですね。

第2話 富をもたらす黄金の「七つの知恵」とは

第一の知恵:収入の10%を貯める
第二の知恵:自分の欲求と必要経費を混同しない
第三の知恵:貯めた資金は寝かさずに増やす
第四の知恵:財産は死守する(元本保証の投資をすすめてる)
第五の知恵:自宅を持つことは有益な投資である
第六の知恵:将来のために、今から準備をすべき
第七の知恵:よく学び、自尊心を持って行動しなさい

第3話 「幸運の女神」が微笑む人間とは

優柔不断な人間はだめ。確固たる意志で迅速に行動すること。

第4話 金貨の袋か、「知恵の言葉」が刻まれた粘土板か

一時的なお金より、生涯にわたって役立つ「知恵」を大切にしよう。収入の10%を堅実に貯めて、貯まったお金を賢く増やして、自分のよく知らない怪しい投資話にはならないことだ。

第5話 自ら稼いだ資金の運用は、こうして決める

友達や家族だからといってお金を貸してはいけないよ。より慎重な選択こそが、大きな後悔から身を救うだろう。

第6話 「強固な城壁」は、人々を恐怖や不安から守ってくれる

バビロンの城壁が、敵からの攻撃を守った話。安心なくして我々は生きられないのだ。

第7話 奴隷に成り下がっても、「人間としての誇り」を忘れなかった男

たとえ奴隷になっても、魂まで売り渡してはいけないよ。どんな逆境だろうと、決意あるところに道は開けるものだ。

第8話 「バビロンの知恵」は現代にも通用するか

第7話までのお話は、現代でも有効だよという話。

第9話 幸福 それは「労働の喜び」を知ること

仕事を敵に回すのか、味方にするのか、この選択は人生を大きく変えることになる。もちろん、仕事を愛することが重要なのは、いうまでもない。