カテゴリー別アーカイブ: 貯金コラム

お金があれば幸せになれるはウソ?お金と幸福感の不思議な関係。

私たちは、お金があれば幸せになれるのでしょうか?

実は最近の研究では「お金があっても幸せとは限らない」ことが明らかになってきたのです。人が幸せであるかどうかは、お金の影響をもちろん受けますが、それよりも、健康状態、就業状態、家族との関係性、などのお金以外のことに大きく影響を受けるようです。

最近の研究結果

各国の大学や研究機関が、所得と幸福度の関係についての研究結果を発表しています。おおむね一致している見解としては、「所得が多いほど幸福感も増えるが、一定の金額を超えると幸福感は伸び悩む」といったことです。アメリカでは年収7万5千ドルを超えると幸福度は上がらないといった研究結果(米プリンストン大学の心理学者、ダニエル・カーネマン教授)もあります。

また、不思議なことに、同じ国の中では所得と幸福感には正の関係がありますが、異なる国どうしを比較すると国の所得水準と幸福感に相関はみられなかったそうです(リチャード・イースタリンの、幸福のパラドックス)。例えば、日本の所得水準はブータンの所得水準より高いけど、日本はブータンより幸福度が低いのです。

「所得が増えれば幸福感もある程度は増える」のは事実ですが、最近の研究では、所得以外の要因のほうが幸福度に影響を与えることがわかってきています。所得以外の要因としては、就業状況、健康状態、婚姻状態、性別が幸福度に影響を及ぼします。
つまり、
・無職より働いていたほうが幸せ
・健康状態が良いほうが幸せ
・結婚していたほうが幸せ
・男性より女性のほうが幸せ
ということのようです。

もちろん例外もありますので、喧嘩ばかりしている夫婦よりは、平和に暮らしている独身者のほうが幸せといった人がいることは十分にあります。

また、喫煙の習慣がある人ほど幸福感は低く、女性より男性のほうが喫煙習慣があります。その結果、男性より女性のほうが幸福感が高いのではないか?といった指摘もあります。

「幸せ」の源泉

・健康状態
家族の健康状態は、生活の満足度に大きな影響を及ぼします。当然、不健康であるほど満足度が低下して幸福度が下がる傾向にあります。糖尿病や癌などの苦痛を伴う病気になってしまうと、幸福度が一貫して低くなり、骨折や打撲など一時的な怪我の場合は、一時的には幸福度が下がりますが怪我の回復とともに幸福度も回復します。
幸せになりたい!そう願うのであれば、病気の予防に気を遣うようにしましょう。

・家族との良好な関係
人間関係が良好で、他人から信頼されている人ほど幸せになります。

・将来の明るい展望
幸福度を過去、現在、未来と時系列で分析した研究者がいます(2011年:Durayappah)。彼は、幸福度というのもは、現在の状態だけではなく、未来への展望(未来に明るい出来事が待っているのか、将来の不安が少ないか)といった期待感が、現在の幸福度を左右すると主張します。

・就業状態

・所得

お金の正しい使い方

・家族のため
・健康のため
・成長のため

ベーシックインカムを日本で導入することは可能?賛成・反対意見と海外の導入事例を紹介。

ベーシックインカムとは?

ベーシック・インカムとは、政府がすべての国民に無条件で必要最低限の現金を支給する政策です。ベーシック(Basic) インカム(Income)の頭文字からBI(ビーアイ)とも、基本所得保障、国民配当などともいいます。

「全ての国民に無条件で」というのが、受給条件の厳しい生活保護などの社会福祉と大きく異なるところです。

ベーシックインカムとは:政府など公的組織が全ての成員に対して、 基本的な生活に資する現金を無条件かつ定期的に給付する制度

ベーシックインカムを日本で導入するには、いくら必要?

1億2千万人の国民にそれぞれ1ヶ月毎に10万円を支給するとしたら、1年に必要な財源は144兆円です。これは日本の国家予算を超えた金額ですので、日本でBIを導入することは不可能であることがわかります。

月々支給する金額を、1万円から10万円まで1万円刻みで計算したものが次の表です。
 消費税・法人税・所得税などのすべての税率を2倍にして、増えた税収分を全てBIに回せば月4万円弱の支給が可能となる計算です。しかし、税率2倍などは日本経済に大きな影響を及ぼしますから、とても実現可能とはいえないでしょう。(消費税8%->10%への引き上げでも、消費が冷え込むと言われていますから)

ベーシックインカムを選挙に利用するな

いつの時代も、ベーシックインカムを公約として掲げて選挙に利用する人がいます。BIの理念は大変素晴らしいものですが、実現できないものを公約として票集めに利用するのは、信用を大きく損ねることになります。

私は、ベーシックインカムを政治利用する政党には絶対に投票しませんので、このサイトをご覧の皆さんも良く考えて投票先を選びましょう。

海外のBI導入事例

まだベーシックインカム導入に成功した国はありません。ヨーロッパで実証実験が開始された段階ですので、BIの効果については不明なことが多い状況です。

フィンランド

 2017年1月1日から、ヨーロッパ地域で初めて国家レベルでベーシックインカムが試験導入されることになりました。しかし、2017年1月1日から2018年12月までの2年間、かつ失業者2000人に限定など、ベーシックインカムの根幹である「無条件で全ての国民に」を前提とした導入試験ではありません。BI対象者には、560ユーロ(日本円でおよそ6万8000円)が毎月支給されます。2018年まで導入試験の結果は非公開なので、誤報には注意しましょう。
 全国民から無作為に2000名を選択したほうが、BI導入によって労働意欲の減退が本当にあるのか、働き方の変化などが調査できるのに、今回の実証実験で失業者に限定してしまったのは非常にもったいないことだと思います。