カテゴリー別アーカイブ: 働き方

会社や職場での勧誘電話の上手な断り方(ビジネスマナー)

職場に不動産投資などの勧誘電話がかかってくると、周囲の目もありますので断り方には気を使いますよね。特に、近くに上司がいる場合などは、いくら勧誘電話といっても最低限のビジネスマナーは求められますので、上手に断る方法をしっかりマスターしましょう。

勧誘電話の断り方(実例を紹介)

まず、電話に出たら「相手の会社名、担当者名」を聞きます。
「会社名とお名前を教えていただけますか?」

聞いた後は、
「○○社のXXX様ですね」
と復唱しても良いです。

次に、勧誘の電話だとわかったときは、
「申し訳ございません。こういった勧誘のお電話はお断りしております。」
「今後、このような電話は控えていただけますよう、お願いします。失礼します。」
と伝えて、こちらから一方的に電話を切るのがマナーです。

ここで重要なのが、相手とは一切会話をしてはいけないということです。
「話だけでも聞いてくださいよ」
「ご挨拶に伺わせてください」
「こういった勧誘の電話は多いですか?」
と、相手はとにかく会話をしようとしてきます。

ここで、相手と言葉のキャッチボールをしてはダメなのです。
何を言われても、「はい。失礼します。」と伝えて、会話の途中であっても、こちらから電話を切ります。

こうすると、職場の周りの人には、「勧誘電話を、丁寧だけど毅然とした態度で断っている人」というスマートな印象を与えることが出来ます。

もし勧誘電話を相手に5分も10分も会話をしていたら、周りからは「断るのが苦手な人なんだな」と思われ、周囲からの評価も下がってしまうことでしょう。

これをやってはNG!

1.断る理由を伝えること
勧誘してくる相手に断る理由を伝えるということは、相手にこちらの情報を与えることになってしまいます。「興味がない」もダメですね。理由は伝えずに「お断りしています」だけで十分です。「時間がない。今は忙しい。」といった時間がないことを理由に断るのもなどもよくないですね。では、いつ頃であれば良いのか聞かれますし、断るのが苦手な気の弱い人だと思われます。

断るのが苦手な人は、電話越しの相手を人間だと思わないようにしましょう。何と言ってきても、最初に紹介した文面をそのまま無感情で読み上げるのです。

2.感情的になること

「迷惑です!もう二度と電話をしてこないでください!」こんな断り方をしている人がいます。自宅で勧誘電話を断る方法としては良いかもしれませんが、ビジネスマナーとしては感情的になるのはNGですね。相手がしつこい場合は、もう一度、会社名と担当者名を聞きましょう。これ以上しつこいと訴えますよ、というオーラで聞くと、怯んで電話を切る業者も多いです。

3.嘘をつくこと

実は同業者です。すでに商品を購入しました。と嘘をついて断ることを勧めている人もいますが、職場で嘘をつくのは止めたほうが良いでしょう。職場の人から、「この人は、何かあれば虚偽の報告をする人なのかも?」と思わせてしまいます。

同じ業者から2回目の勧誘電話があった場合

ごくまれに、こちらから一方的に電話を切った直後に、再度同じ業者から勧誘電話がかかってくる場合があります。その場合は、次のように伝えましょう。

「先ほどの電話で、お断りしたはずです。2回目の勧誘は、特定商取引法に抵触する可能性がありますので、会社名とお名前をもう一度教えていただけますか?」

ここまで伝えると、ほとんどの迷惑業者は撃退できるはずです。(私の体験談です)

裁量労働制をわかりやすく解説。会社から搾取されないための働き方。

裁量労働制とは

この制度、私たちの給料や働き方に大きな影響を与える制度ですから、本質をしっかり理解しましょう。普通は1日1時間の残業をすれば、会社から1時間分の残業代をもらえますよね?でも、この「裁量労働制」という制度のもとで働くと、1日にいくら残業をしても、残業代をもらえないんです。裁量労働制のことを「定額働かせ放題」と上手な例えをしている方がいますけど、本当にその通り。私たちサラリーマンは、絶対にこの制度には反対しないとダメなんです。

裁量労働制には、「みなし労働時間」という考え方があって、1日に何時間働いても「8時間だけ働いたとみなす」という考え方が出来てしまうんです。この場合、1日に10時間働いても、支払わせる給料は8時間働いた分だけ。だって、8時間働いたと「みなす」んですから。

「でも、6時間だけ働いても、8時間働いたとみなされるんでしょ?なら労働時間を減らすことも出来るんじゃないの?」

大きい会社が加盟している「経団連」っていうグループが主張しているけど、絶対にそんなことにはならないよ。もし君が8時間で終わる仕事を、生産性をあげて6時間で終わらせたとしよう。そうしたら、6時間で仕事を終わらせて早めに帰宅できるかもしれない。でも、いつも早く帰宅している君の姿を見て、会社はもっと多くの仕事を君に振るようになる。

会社から搾取されないために

もし裁量労働制のもとで働くことになった場合、会社に対する「強い意志表示」が何よりも重要になる。生産性を2倍に上げたのであれば、より高い給料を要求したり、追加で仕事を依頼されたら上司と議論してでも仕事を断ることなどだ。

自分の人生は、何としても自分で守る!

幸い、日本では労働基準法が諸外国よりも厳しくて、労働者を守る法律は整備されているので、もう会社の好きにはさせないという意思を持ち、労働基準法をもとに会社と戦う覚悟が必要だ。

労働時間を減らして給料を上げるには

日本人でありながら、こんなことを言うのは本当に残念なんだけど、労働時間を減らして給料を上げる一番効率の良いやり方は、「外資系企業で働く」ことなんだよね・。

なぜか日本企業は「労働は尊い」とか「努力は素晴らしい」というバカらしい考えが根底にあって、健康を犠牲にしてでも努力した人を評価する傾向が強いんだ。一方、外資系企業は「楽して成果をあげた人」に対する評価が高い。日本企業には裁量労働制なんて時期尚早。人事評価制度の見直しが先決でしょうね。

裁量労働制の拡大を主張する政権にNO!

裁量労働制の拡大を希望する経団連とべったりの自民党。外交政策や経済政策などは民主党政権と比較すればかなり良くなったと感じてたけど、この裁量労働制の拡大にだけは明確にNOと言おう。裁量労働制の拡大を発言しただけで支持率が大きく下がることがわかれば、政策の見直しにつながる。私は自民党支持でしたけど、裁量労働制の拡大を主張するので「不支持」になります。

裁量労働制に反対